サラセン帝国(読み)サラセンテイコク

精選版 日本国語大辞典の解説

サラセン‐ていこく【サラセン帝国】

七世紀中頃から一三世紀中頃にかけて、西アジア、北アフリカ、南ヨーロッパの広大な地域を支配したイスラム教徒(サラセン人)の諸帝国。元首はムハンマド(マホメット)の後継者、カリフ。東方ではメディナに都した正統カリフの時代(六三二‐六六一)、ダマスカスに都し、ビザンツ文化の影響の濃いウマイヤ朝(六六一‐七五〇)、バグダードに都し、ペルシア文化色豊かなアッバース朝(=東カリフ 七五〇‐一二五八)と続いたが、一二五八年、蒙古軍によって滅ぼされた。のち、一六世紀にはオスマントルコ、サファビー朝、ムガール帝国の三帝国となった。なお、コルドバに都してスペインを支配した後ウマイヤ朝(=西カリフ 七五六‐一〇三一)もまたサラセン帝国に含まれる。サラセンは、中世ヨーロッパでの呼称。イスラム帝国。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサラセン帝国の言及

【サラセン】より

…2世紀のプトレマイオスはその地理書で,サラセンの語を用いてアラブに言及している。7世紀にアラブ・イスラム軍がビザンティン帝国を破り,西アジアから北アフリカ,イベリア半島までの地域を支配するようになると,サラセンは,イスラム教徒をさす呼称として用いられるようになり,同地域を支配したウマイヤ朝やアッバース朝は,しばしば〈サラセン帝国〉と呼ばれた。 イスラム教徒の地中海地域の征覇に脅威を感じた中世ヨーロッパのキリスト教徒にとって,サラセンは,キリスト教徒の〈敵〉としてのイメージがまとわりつくようになり,同時に,ゆがめられたサラセン人=イスラム教徒の像がつくりあげられた。…

※「サラセン帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android