サリマ(英語表記)Salima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリマ
Salima

マラウイ中部の町。サリマ県の県都。リロングウェ東北東約 75km,マラウイ湖西岸近くに位置。タバコ,トウモロコシなど農産物と家畜の集散地。マラウイ湖への観光基地。 1979年まではモザンビークのナカラ,ベイラ港からの鉄道の終点であったが,現在鉄道はさらにリロングウェを経てザンビアまで延びている。国内航空と湖上交通の一中心地。人口 4712 (1977) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android