サレー・ウー・ポンニャ(英語表記)Sale U Ponnya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サレー・ウー・ポンニャ
Sale U Ponnya

[生]1812. マグウェ,サレー
[没]1867. マンダレー
ビルマ (現ミャンマー) ,コンバウン時代の文人。幼名マウン・ポウッシー。出家,還俗の生活を繰返すかたわら,宮廷に仕えた。宮廷内の謀反に連座し処刑された。ミンドン王をたたえた『宝玉の川』 Yadana-nadiと題するモーグンのほかミッターザーなど数々の韻文と数編のピャザッ (戯曲) を残した。『ウィザヤ王子』 Wizaya,『パドゥマ王子』 Padumaの2編のピャザッは,宮廷を風刺する意図で書かれたとされる。また『水売り』 Yetheは代表的ピャザッとして評価が高い。ほとんどの作品を通じて随所に諧謔を含み,読者を退屈させない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android