コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンキャクウオ サンキャクウオ

2件 の用語解説(サンキャクウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンキャクウオ
サンキャクウオ

ナガヅエエソ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンキャクウオ
さんきゃくうお / 三脚魚
spider fish

硬骨魚綱ハダカイワシイトヒキイワシ科の海水魚の総称。とくにそのなかの1種イトヒキイワシBathypterois atricolorは世界中の深海に広く分布する種で、胸びれ、腹びれ、尾びれのそれぞれ数条が長く伸びるのでイトヒキイワシの和名がある。腹びれの最外鰭条(きじょう)が著しく長く伸び、それと尾びれ下葉先端を用いて海底に静止する姿からサンキャクウオともよばれている。海底で三脚のように立つ姿勢をとる生態は、深海潜水調査船で観察されている。体長15センチメートルに達し、体は延長して側扁(そくへん)。口は大きく、上顎(じょうがく)の後端は頬部(きょうぶ)中央に達する。背びれは体のほぼ中央にあり、尾柄(びへい)後端腹縁には欠刻がある。同属の種に、土佐(とさ)湾以南の深海からナガヅエエソB. guentheriが報告されている。この種は、体長26センチメートルに達し、体は延長して側扁するが、吻部(ふんぶ)が幅広くて縦扁する。[上野輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone