サンセール(英語表記)Sancerre

世界大百科事典 第2版の解説

サンセール【Sancerre】

フランス中部,シェール県のロアール川上流の町。人口2542(1975)。川沿いの丘の上に位置し,東にニベルネ地方,西にベリー地方を控える戦略上の要衝で,百年戦争期には〈ブールジュの王〉シャルル7世がブルゴーニュ派に対抗する最前線の拠点となった。古い家並みを残し,15世紀のサンセール伯の居城遺構がある。宗教改革期には,早くよりカルバン派の拠点となり,サン・バルテルミの虐殺など幾多の試練に耐え抜いたが,1573年にはカトリック軍により9ヵ月にわたり包囲され,糧食尽き餓死者続出して,ついに開城した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンセールの関連情報