サンタマリアデッレグラツィエ教会(読み)サンタマリアデッレグラツィエキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐デッレ‐グラツィエ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンタマリアデッレグラツィエ教会】

Santa Maria delle Grazie》イタリア北部の都市ミラノにある教会。聖堂は15世紀末に完成したゴシック式の建物だが、建築家ブラマンテによって改築され、ルネサンス様式のキューポラ(丸天井)とアプスが増築された。食堂にはレオナルド=ダ=ビンチによって描かれた「最後の晩餐」があることで知られている。1980年に「レオナルド=ダ=ビンチの『最後の晩餐』があるサンタマリアデッレグラツィエ教会とドメニコ会修道院」として、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android