コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタンドレア聖堂[マントバ](読み)サンタンドレアせいどう[マントバ](英語表記)Sant'Andrea, Mantova

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタンドレア聖堂[マントバ]
サンタンドレアせいどう[マントバ]
Sant'Andrea, Mantova

イタリア,マントバの中心部にある聖堂。 1470年に L.アルベルティが設計し,72年にルカ・ファンチェルリが起工,その後 18世紀まで部分的な建築が続けられたが,主要部はアルベルティのアイデアを具現しているので,初期ルネサンスを代表する重要な建築となっている。特に,切妻屋根,ピラスター (片蓋柱) や凱旋門風の大アーチ入口など古代ローマ建築のモチーフを組合せた設計から成るファサードは,最もルネサンス的な均衡美をみせている。内部は A.マンテーニャの『聖家族』をはじめマントバ派の画家たちの壁画で飾られ,また建築の各部には浮彫になぞらえたトロンプ・ルイユの装飾が施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android