コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントバ マントバMantova

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マントバ
Mantova

イタリア北部,ロンバルディア州南東部マントバ県の県都。ミラノ東南東約 135km,ポー川中流左岸の支流,ミンチョ川が形成した三つの湖に囲まれている。エトルリア人が建設し,ローマ時代に発達,詩人プブリウス・ウェルギリウス・マロが活躍したところとして知られる。中世には自治都市として発展し,ロンバルディア同盟の一員となり,神聖ローマ皇帝に対抗した。1328年ゴンツァガ家本拠地となり,その保護を受けてルネサンス期に芸術,文学が栄え,北イタリアにおける文芸の中心地となった。1707~97,1814~66年オーストリア領。1866年からイタリア王国領。イタリア北部平野の交通の要地で,商業を中心とするほか,食品,製紙,石油化学,肥料,家具などの工業が行なわれる。旧市街には歴史の古いソルデロ広場,エルベ広場があり,大部分が 16世紀に建設された。ドゥカーレ宮殿ルネサンス様式の代表的建築物の一つとして知られ,アンドレア・マンテーニャフレスコ画で有名。2008年ルネサンス期の都市計画の典型として,近郊のサッビオネータとともに世界遺産文化遺産に登録された。人口 4万7671 (2006推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マントバ(Mantova)

イタリア北部、ロンバルディア州の都市。ポー川支流のミンチオ川をせき止めて造られた三つの人工湖に囲まれる。古代ローマ時代に栄え、中世にはロンバルディア同盟の自治都市となった。ゴンザーガ家の支配下において、多くの文人や芸術家を保護し、北イタリアにおけるルネサンス文化の中心地となった。ゴンザーガ家のドゥカーレ宮殿テ宮殿などがあり、2008年に「マントバとサッビオネータ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マントバ【Mantova】

イタリア北部,ロンバルディア州の同名県の県都。人口5万4230(1990)。ポー川の支流であるミンチオ川の湾曲部の内側に位置する農産物の集散地,軽工業の中心地。ローマ時代の代表的詩人ウェルギリウスの生地として知られるマントバは,その叙事詩アエネーイス》によれば,エトルリアに起源をもつとされる。中世には自由都市として栄え,1167年ロンバルディア都市同盟の一員となり神聖ローマ皇帝に対抗,1273年にはボナコルシ家が権力を手中に収めたが,1328年以来1707年までゴンザーガ家の統治するマントバ公国となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マントバ
まんとば
Mantova

イタリア北西部、ロンバルディア州マントバ県の県都。人口4万6372(2001国勢調査速報値)。ポー川支流ミンチオ川の右岸、ポー川との合流点から約20キロメートル上流でミンチオ川が湾曲して土手と橋でくぎられた三つの湖を形成する地点に位置する。農産物の集散地、交通の要地であるほか、第二次世界大戦後、化学や機械などの重化学工業が発展した。マルゲーラベネチア本土部の工業地区)とはオイルパイプラインで連結されている。イタリア・ルネサンス文化の代表的中心地の一つであり、かつてのゴンザーガGonzaga家の宮殿で現在では美術館博物館となっているドゥカーレ宮殿(13~18世紀)をはじめ多数の旧跡があり、訪れる観光客も多い。[堺 憲一]

歴史

紀元前6~前5世紀のエトルスク(エトルリア人の町)を起源とする都市で、ローマ時代に栄えた。紀元後601年にはロンバルディア公国の支配下に入り、その後ロンバルディア同盟に属するコムーネ(自治都市)として、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(赤髯(あかひげ)王)やフリードリヒ2世の支配に抵抗した。その後、ゴンザーガ家の支配時代には、とくに同家のフランチェスコ2世(1466―1519)と結婚したイサベラ・デステが多くの文人や芸術家を保護した。その間にジュリオ・ロマーノ設計によるゴンザーガ家の別荘デル・テ宮殿ができ、マンテーニャのフレスコ画で有名なドゥカーレ宮殿も建てられた。ナポレオンのイタリア支配崩壊後、オーストリア支配下に置かれたが、1866年イタリアに属した。[藤澤房俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マントバの関連情報