コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ] サンタ・コスタンツァびょうどうローマ Mausoleo di Santa Costanza, Roma

1件 の用語解説(サンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ]
サンタ・コスタンツァびょうどうローマ
Mausoleo di Santa Costanza, Roma

初期キリスト教時代の代表的建築。4世紀初頭にコンスタンチヌス大帝 (在位 306~337) または彼の親族によって建造された。サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂に隣接して建ち,おそらくコンスタンチヌス大帝の廟墓として建造されたものであるが,コンスタンチノープルへの遷都によって,娘コンスタンチアの廟墓にあてられたものと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ]の関連キーワード初期キリスト教美術エニスキレン鐘塔キリスト教会初期キリスト教ガララス礼拝堂キリスト教徒ペーチ大聖堂中東とキリスト教ペーチ〈ソピアネ〉にある初期キリスト教墓地遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone