唐草文様(読み)からくさもんよう

旺文社日本史事典 三訂版「唐草文様」の解説

唐草文様
からくさもんよう

植物の葉やつる草の形を図案化した文様
その分布範囲はきわめて広く,古代オリエントが起源と考えられ,ギリシア・ローマ時代に大いに栄え,イランアフガニスタン・中央アジアを経由して中国に及んだ。日本には中国から伝来し,飛鳥時代の軒平瓦の文様や工芸・彫刻に使用された。平安時代以前は曲線的,以後絵画的となった。文化伝播の一つの具体例である。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「唐草文様」の解説

からくさ‐もんよう〔‐モンヤウ〕【唐草文様】

つる草が波状または四方に伸びているような曲線文様。ギリシャ・ペルシアなど世界各地で古くから使われ、日本にはから伝わった。葡萄(ぶどう)唐草・牡丹(ぼたん)唐草などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android