コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐草文様 カラクサモンヨウ

デジタル大辞泉の解説

からくさ‐もんよう〔‐モンヤウ〕【唐草文様】

つる草が波状または四方に伸びているような曲線文様。ギリシャ・ペルシアなど世界各地で古くから使われ、日本にはから伝わった。葡萄(ぶどう)唐草・牡丹(ぼたん)唐草などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

唐草文様の関連キーワードサンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ]ゴアルディモスジッド飛騨国分寺塔跡エル・タヒンスクロール海獣葡萄鏡福島だるま司馬金竜墓パルメット葡萄唐草文宝相華文有職文様正倉院裂葡萄唐草鍋島緞通金属工芸名物裂たんす磁州窯唐草文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐草文様の関連情報