コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ] サンタ・マリア・マジョーレせいどうローマ Santa Maria Maggiore, Roma

1件 の用語解説(サンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ]
サンタ・マリア・マジョーレせいどうローマ
Santa Maria Maggiore, Roma

ローマにあるバシリカ式聖堂。4世紀に建立され,5世紀に改築された。その後もたび重なる修復や増築がなされたが,初期キリスト教時代の様式をよく残している建築物として重要。特に,イオニア式円柱によって支えられている古い身廊壁や後陣壁に残っているモザイクは,432~440年頃,教皇シクスツス3世の命によって制作されたもので,初期キリスト教美術の一つの発展過程を例証する貴重な遺品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ]の関連キーワードカペナウムパンノンハルマ修道院コロンナ宮殿サンジョバンニインラテラノ大聖堂サンタマリアマッジョーレ大聖堂ポポロ門聖セルギウス教会サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂ポレチアクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone