コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ] サンタ・マリア・マジョーレせいどう[ローマ]Santa Maria Maggiore, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ]
サンタ・マリア・マジョーレせいどう[ローマ]
Santa Maria Maggiore, Roma

ローマにあるバシリカ式聖堂。4世紀に建立され,5世紀に改築された。その後もたび重なる修復や増築がなされたが,初期キリスト教時代の様式をよく残している建築物として重要。特に,イオニア式円柱によって支えられている古い身廊壁や後陣壁に残っているモザイクは,432~440年頃,教皇シクスツス3世の命によって制作されたもので,初期キリスト教美術の一つの発展過程を例証する貴重な遺品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android