コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチアゴデルエステロ州 サンチアゴデルエステロSantiago del Estero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチアゴデルエステロ〔州〕
サンチアゴデルエステロ
Santiago del Estero

アルゼンチン北西部の州。州都サンチアゴデルエステロ。アンデス山脈の東麓に広がる州で,グランチャコと呼ばれる大平原の南西部を占める。大部分は低木林におおわれた平地で,北西から南東へほぼ並行してサラド川ドゥルセ川が流れ,南西部には広大な塩原が広がる。州名のエステロはスペイン語で「湿地帯」の意で,州都周辺のドゥルセ川沿岸にある湿地帯に由来。降水量が少いうえ,降ってもすぐに蒸発してしまうため,農業はサラド,ドゥルセ両川の河水を利用した灌漑地帯と,季節的に洪水の起る地域に限られ,トウモロコシ,コムギ,アマ,ワタなどが栽培される。チャコでは牧牛とケブラチョ (タンニンの原木) の伐採が行われる。幹線道路,鉄道が州都を経て横切る。面積 13万 6351km2。人口 67万 2301 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android