コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチョ・ガルセス[3世] Sancho III Garcés,el Mayor

1件 の用語解説(サンチョ・ガルセス[3世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サンチョ・ガルセス[3世]【Sancho III Garcés,el Mayor】

992?‐1035
イベリア半島北部のナバラ国王。在位1000‐35年。サンチョ大王と通称される。クリュニー改革運動(クリュニー修道院)を受け入れ,サンチアゴ巡礼(サンチアゴ・デ・コンポステラ)を保護するなどそれまで希薄だったピレネー以北との交流を密にする一方,イベリア内ではピレネー中部からカスティリャを経てレオンまでをその支配下に置き,同時代人から〈イベリア王〉と呼ばれるほどの威勢を誇った。優れた武人だったが,国土回復戦争(レコンキスタ)には熱意を示さず,内政に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサンチョ・ガルセス[3世]の言及

【ナバラ王国】より

…こうした状況下にまだ多分に未開な土着勢力が南北いずれの支配をも退ける形で台頭し,905年には〈パンプロナに国王が立った〉。この後,レオンの内紛に乗じて国家の基礎を固め,サンチョ・ガルセス3世(在位1000‐35)時代にはキリスト教スペインの第一等国となり,同時に復興途上の西ヨーロッパからの斬新な刺激をイベリア諸国に仲介するという歴史的にきわめて重要な役割を演じた。しかし,同王の死によってその領土は三分され,そこから興ったカスティリャとアラゴンの2国によって一時は分割合併され,1134年に再び独立を回復した後も南進の道をふさがれてしまった。…

※「サンチョ・ガルセス[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンチョ・ガルセス[3世]の関連キーワードイベロアメリカスペイン語ブーシア半島ポルトガル語イタリア半島イベリア半島国土回復戦争シトニア半島フィニステレイベリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone