コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国土回復戦争 コクドカイフクセンソウ

4件 の用語解説(国土回復戦争の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくど‐かいふくせんそう〔‐クワイフクセンサウ〕【国土回復戦争】

レコンキスタ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国土回復戦争【こくどかいふくせんそう】

中世後期のイベリア半島におけるキリスト教徒イスラム教徒との戦い。スペイン語ではレコンキスタreconquista(再征服)と呼ぶ。イベリア半島は8世紀初め以来イスラム教徒の支配下に入り,キリスト教徒はわずかに半島北西隅を占めるにすぎなかったが,のちアストゥリアスナバラカタルーニャなどの小王国をつくり,南方に勢力を伸ばし始めた。
→関連項目アストゥリアスアルフォンソ[10世]イサベル[1世]騎士修道会サンチョ・ガルセス[3世]タトワントマールナスル朝ナバラ王国フェルナンド[2世]ブルゴスマラーノレオン王国わがシッドの歌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくどかいふくせんそう【国土回復戦争】

イベリア半島におけるキリスト教徒とイスラム教徒との戦いをいい,8世紀初頭から1492年までの約800年間続いた。スペイン語ではレコンキスタreconquistaと呼び,〈再征服〉を意味する。 6世紀後半にイベリア半島の政治統一を達成した西ゴート(ビシゴート)王国は,7世紀後半に入ると政治・経済・社会の各領域で深刻な危機に陥り,折から北アフリカを西進する新興イスラム教徒の攻勢を受けてあえなく崩壊した(711)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国土回復戦争
こくどかいふくせんそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国土回復戦争の関連キーワードイベロアメリカジンミーモサラベレコンキスタイベリア半島キリスト教会ムデハル耶蘇キリスト教徒中東とキリスト教

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone