国土回復戦争(読み)コクドカイフクセンソウ

百科事典マイペディアの解説

国土回復戦争【こくどかいふくせんそう】

中世後期のイベリア半島におけるキリスト教徒とイスラム教徒との戦い。スペイン語ではレコンキスタreconquista(再征服)と呼ぶ。イベリア半島は8世紀初め以来イスラム教徒の支配下に入り,キリスト教徒はわずかに半島北西隅を占めるにすぎなかったが,のちアストゥリアス,ナバラ,カタルーニャなどの小王国をつくり,南方に勢力を伸ばし始めた。11世紀前半になると後ウマイヤ朝が崩壊(1031年),またカスティリャ王国とアラゴン王国(アラゴン連合王国)が成立,しだいに強大となり,12世紀にはトレド,サラゴサ,リスボンなどをキリスト教徒が征服して優位に立った。13世紀にカスティリャはイスラムの重要拠点コルドバ,セビリアを奪い,同世紀後半には,イスラム教徒は半島南部のグラナダに孤立。1492年グラナダ占領でレコンキスタは終了した。800年にもおよぶこの戦争は中世イベリア半島史の主軸であり,以後のスペイン,ポルトガル両国の近代史にも大きな影を投げかけ,その多くの点で他の西欧諸国と異なる独自の社会と文化を形成する要因ともなった。
→関連項目アストゥリアスアルフォンソ[10世]イサベル[1世]騎士修道会サンチョ・ガルセス[3世]タトワントマールナスル朝ナバラ王国フェルナンド[2世]ブルゴスマラーノレオン王国わがシッドの歌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくどかいふくせんそう【国土回復戦争】

イベリア半島におけるキリスト教徒とイスラム教徒との戦いをいい,8世紀初頭から1492年までの約800年間続いた。スペイン語ではレコンキスタreconquistaと呼び,〈再征服〉を意味する。 6世紀後半にイベリア半島の政治統一を達成した西ゴート(ビシゴート)王国は,7世紀後半に入ると政治・経済・社会の各領域で深刻な危機に陥り,折から北アフリカを西進する新興イスラム教徒の攻勢を受けてあえなく崩壊した(711)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android