サンティリャーナ侯爵(読み)さんてぃりゃーなこうしゃく(英語表記)Marqués de Santillana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンティリャーナ侯爵
さんてぃりゃーなこうしゃく
Marqus de Santillana
(1398―1458)

スペインの詩人。本名はイーニゴ・ロペス・デ・メンドーサIigo Lopez de Mendozaで、パレンシア県生まれ。提督の息子で、のち国土回復戦争に参加。博識で知られ、彼の蔵書は現在マドリードの国立図書館に所蔵。自作の詞華集に冠した「序文」Proemioはスペインにおける文学批評の嚆矢(こうし)とされる。詩の類型をギリシア・ラテン詩、教養人の俗語詩、修辞のない俗謡詩に分けて論ずる。また『イタリア風ソネット』はペトラルカ風詩法をスペインに導入した初の試み。ほかに長編英雄詩、教訓詩、箴言(しんげん)も残すが、彼の名を不滅にしたのは一連の田園叙情歌(セラニーリャ)である。[清水憲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android