サンティリャーナ侯爵(読み)さんてぃりゃーなこうしゃく(英語表記)Marqués de Santillana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンティリャーナ侯爵
さんてぃりゃーなこうしゃく
Marqus de Santillana
(1398―1458)

スペインの詩人。本名はイーニゴ・ロペス・デ・メンドーサIigo Lopez de Mendozaで、パレンシア県生まれ。提督の息子で、のち国土回復戦争に参加。博識で知られ、彼の蔵書は現在マドリードの国立図書館に所蔵。自作の詞華集に冠した「序文」Proemioはスペインにおける文学批評の嚆矢(こうし)とされる。詩の類型をギリシア・ラテン詩、教養人の俗語詩、修辞のない俗謡詩に分けて論ずる。また『イタリア風ソネット』はペトラルカ風詩法をスペインに導入した初の試み。ほかに長編英雄詩、教訓詩、箴言(しんげん)も残すが、彼の名を不滅にしたのは一連の田園叙情歌(セラニーリャ)である。[清水憲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android