修辞(読み)シュウジ

大辞林 第三版の解説

しゅうじ【修辞】

言葉を効果的に使って、適切に表現すること。また、美しく巧みな言葉で飾って表現すること。また、その技術。 「 -を凝らした文章」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐じ シウ‥【修辞】

〘名〙
ことばを整えること。しゅじ。〔易経‐乾卦〕
② (rhetoric の訳語) 巧みな言いまわしを用いたり修飾を加えたりして美しく効果的に表現すること。また、その技術。レトリック。〔修辞及華文(1879)〕
※近代批評の意義(1906)〈島村抱月〉「就中宋以後に栄えた修辞、詩話文話の類、其他画話、金石談の如きから」
③ ことばを飾りたてること。ことばの上だけで述べること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修辞の関連情報