修辞(読み)しゅうじ

精選版 日本国語大辞典「修辞」の解説

しゅう‐じ シウ‥【修辞】

〘名〙
① ことばを整えること。しゅじ。〔易経‐乾卦〕
② (rhetoric の訳語) 巧みな言いまわしを用いたり修飾を加えたりして美しく効果的に表現すること。また、その技術。レトリック。〔修辞及華文(1879)〕
※近代批評の意義(1906)〈島村抱月〉「就中宋以後に栄えた修辞、詩話、文話の類、其他画話、金石談の如きから」
③ ことばを飾りたてること。ことばの上だけで述べること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android