コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントトマスデカスティヤ サントトマスデカスティヤSanto Tomás de Castilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サントトマスデカスティヤ
Santo Tomás de Castilla

正式名称マティアスデガルベス Matías de Gálvez。グアテマラ東部,カリブ海アマティケ湾にのぞむ港。 1952年,北東に隣接するプエルトバリオス港がアメリカ合衆国資本の支配下にあることを不満として,グアテマラ政府が建設開始。 58年名称をマティアスデガルベスと変えたが,一般には旧名が広く使われる。その後急速に発展し,70年代には荷扱い量,港湾施設の規模ともプエルトバリオス港を凌駕した。港の周辺には市街も形成されているが,現在行政的にはプエルトバリオスの一部をなしている。首都グアテマラ市と鉄道,道路,空路で結ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サントトマスデカスティヤの関連キーワードランチョンマット熊澤枝里子紙型air matinsolate matgas mat尊者ラグマットランチマット

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android