コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙型 しけい papier-mâché

翻訳|papier-mâché

6件 の用語解説(紙型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紙型
しけい
papier-mâché

活字や凸版の組版を原型としてつくる紙製の鋳型。組版の上に和紙などを重ねた特殊厚紙を載せ,圧力と熱を加えて成形する。一般の印刷は,この紙型に鉛合金を鋳込み,鉛版 (えんばん) という刷版をつくって印刷する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐けい【紙型】

活版印刷で、鉛版を鋳造するために組版などの原型に特殊な紙を当て、押圧して作った鋳型。これに地金を流し込み、鉛版を鋳造する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紙型【しけい】

活版印刷において,活版を複版するために用いる紙製の雌型で,紙型用紙を活版の組版の上に載せ圧力を加えて作る。柔軟な薄葉紙をはり合わせたものを用いる湿式紙型(たたいて作るので〈たたき〉とよばれる)とドライマット原紙を用いる乾式紙型とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しけい【紙型 matrix】

一つの活版組版と同じもの(鉛版)を多数作るとき用いる紙製の雌型。通常,紙型用紙といわれる材料を組版の上にのせて圧力を加えて作る。湿式紙型(ウェットマットwet mat)と乾式紙型(ドライマットdry mat)とがあり,前者は乾燥しないように保存された紙型用紙を活版組版の上にのせ剛毛の打ち刷毛(はけ)でたたいて作るので〈たたき〉とも呼ばれる。現在,乾式紙型が多用される。乾式紙型は数十層を抄き合わせた特殊なドライマット原紙という厚紙をあらかじめ湿して軟らかくし,プレスで活版組版に押しつけて成形する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しけい【紙型】

活版印刷で、鉛版の鋳造に用いる紙製の鋳型。凸版の原版に、特殊加工紙をのせ熱を加えて押圧し、乾燥させて作る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙型
しけい
paper matrix

活字組版など凸版の複製版をつくるときに使う厚紙の母型。紙型原紙は、貼(は)り合わせ、あるいは抄(す)き合わせてつくった厚紙で、版の模様を忠実に再現するために必要な塑性、平滑性、耐熱性、強度を備えている。紙型にはパック紙型とノンパック紙型とがあり、前者は型取りしたのち、裏にパック、すなわち紙で部分的に裏張りの補強をする必要がある。後者は原紙が厚く(1.4~1.8ミリメートル)、多少高価であるが、紙型取り後も裏が平らでパックの必要がない。紙型をつくるには、複製しようとする版面上に紙型原紙を置き、紙型取り機を用い、強圧加熱してつくる。この作業には乾式法と湿式法があるが、現在はほとんど乾式法である。この紙型に溶融した鉛合金を流し込んで鉛版、すなわち複製版をつくる。輪転印刷機では活字を取り付けられないから、いったん紙型をとり、丸鉛版にして印刷機に取り付ける。紙型は軽く、かさばらないので、保存版として使われる。[平石文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紙型の言及

【鉛版】より

…英語ではステレオタイプstereotypeといい,同型の版の意味で,日本でも俗にステロまたはステロ版ともいって,ごく少部数の活版印刷物を除いて,この複製版を利用することが多い。原版(活字組版)に紙型用紙を圧して作った紙型に,320℃くらいに加熱し溶融した鉛合金を流し込んで冷却固化したものを,印刷機にかけるのに便利な形に仕上げる。形状の点から2種に分類され,輪転機にかける半円筒状のものを丸版(まるばん)または丸鉛版といい,輪転機以外の活版印刷機にかける平板状のものを平版(ひらばん)または平鉛版という。…

※「紙型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紙型の関連キーワード馬じもの鉛版組み版・組版鳥じもの連字亜鉛版鴨じもの組付け組版猪じもの

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紙型の関連情報