尊者(読み)そんじゃ(英語表記)āyuṣmat

デジタル大辞泉の解説

そん‐ざ【尊者】

そんじゃ(尊者)」の直音表記
「阿難―ぞおはしける」〈梁塵秘抄・二〉

そん‐じゃ【尊者】

目上の人。身分の尊い人。
「君主一人を無上の―として之を仰ぎ」〈福沢福翁百話
《〈梵〉āyuṣmatまたはāryaの訳。前者は長寿、後者は高貴の意》仏弟子や阿羅漢などの尊称。のちに祖師や先徳にも用いる。「日蓮尊者
大臣などの大饗(たいきょう)のとき、正客として上座に座る人。親王または位の高い人を選ぶ。
「小野宮の大臣の大饗行ひ給ひけるに、九条大臣は―にてなむ参り給へりける」〈今昔・二四・三〉
裳着(もぎ)の式のとき、腰のひもを結ぶ役。腰結い。
「―の大臣の御引出物など、かの院よりぞ奉らせ給ひける」〈・若菜上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんざ【尊者】

そんじゃ(尊者)」に同じ。 「あんなん-はあはれなり慈悲の室むろを住みかにて/梁塵秘抄」

そんじゃ【尊者】

〔「そんざ」とも〕
〘仏〙 知識・徳行の備わった、尊敬すべき人。とうとい僧。釈迦の弟子や祖師・高僧の尊称に用いる。 「迦葉かしよう-」 「日蓮-」
昔、大臣などの大饗たいきように、第一の客として上座に座る人。親王または品位ほんいの高い人を選んだ。 「右大臣殿、大饗行なひ給へば、-に内大臣参り給ふ/増鏡 秋のみ山
になぞらえていう〕 裳着もぎの時の腰結いの役をする人。 「人々の禄、-の大臣の御引出物など/源氏 若菜上
目上の人。 「賢しくはきこえしかども、-の前にては、さらずともと覚えしなり/徒然 232

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そん‐ざ【尊者】

〘名〙 (「ざ」は「じゃ」の直音表記) =そんじゃ(尊者)
※梁塵秘抄(1179頃)二「釈迦の御弟子は多かれど、仏の従弟は疎からず、親しきことは誰れよりも、阿難そんざぞおはしける」

そん‐じゃ【尊者】

〘名〙
① 目上の人。身分の尊い人。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔礼記‐玉藻〕
② 昔、大臣などの大饗で、主賓として上座にすわる客。
※九暦‐九暦抄・天暦三年(949)正月一一日「初献、式明親王勧尊者、主人勧納言、次第理可然而已、相違太閤教命」
※大鏡(12C前)二「いかがしけん、尊者の御前にとりおとしてけり」
③ (②に擬していう) 裳着の際の腰結役(こしゆいやく)
※源氏(1001‐14頃)若菜上「人々の祿、そん者の大臣の御引出物など、彼の院よりぞ奉らせ給ひける」
④ (āyuṣmat の訳語。具寿(ぐじゅ)とも直訳する) 仏語。智徳具備した尊崇すべき者で、仏弟子に対する敬称。また後世、祖師、先徳の意にも用いる。
※正倉院文書‐二月二八日・猪名部枚虫啓(762頃)「蒙尊者慈想、件上日連署佐官欲請」
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「尊者阿難座よりたち世尊の威光を瞻仰し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊者の関連情報