コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊者 そんじゃāyuṣmat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尊者
そんじゃ
āyuṣmat

仏教用語。具寿 (ぐじゅ) ,長老,あるいは上座とも訳され,有徳な仏弟子に対する尊称

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そん‐ざ【尊者】

そんじゃ(尊者)」の直音表記
「阿難―ぞおはしける」〈梁塵秘抄・二〉

そん‐じゃ【尊者】

目上の人。身分の尊い人。
「君主一人を無上の―として之を仰ぎ」〈福沢福翁百話
《〈梵〉āyuṣmatまたはāryaの訳。前者は長寿、後者は高貴の意》仏弟子や阿羅漢などの尊称。のちに祖師や先徳にも用いる。「日蓮尊者
大臣などの大饗(たいきょう)のとき、正客として上座に座る人。親王または位の高い人を選ぶ。
「小野宮の大臣の大饗行ひ給ひけるに、九条大臣は―にてなむ参り給へりける」〈今昔・二四・三〉
裳着(もぎ)の式のとき、腰のひもを結ぶ役。腰結い。
「―の大臣の御引出物など、かの院よりぞ奉らせ給ひける」〈・若菜上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんざ【尊者】

そんじゃ(尊者) 」に同じ。 「あんなん-はあはれなり慈悲の室むろを住みかにて/梁塵秘抄」

そんじゃ【尊者】

〔「そんざ」とも〕
〘仏〙 知識・徳行の備わった、尊敬すべき人。とうとい僧。釈迦の弟子や祖師・高僧の尊称に用いる。 「迦葉かしよう-」 「日蓮-」
昔、大臣などの大饗たいきように、第一の客として上座に座る人。親王または品位ほんいの高い人を選んだ。 「右大臣殿、大饗行なひ給へば、-に内大臣参り給ふ/増鏡 秋のみ山
になぞらえていう〕 裳着もぎの時の腰結いの役をする人。 「人々の禄、-の大臣の御引出物など/源氏 若菜上
目上の人。 「賢しくはきこえしかども、-の前にては、さらずともと覚えしなり/徒然 232

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尊者の関連キーワードミラ・レーパ阿波閑々子菩提華祥蕊雲照律師寿を上る順翁紹応雲伝神道託阿法洲森川安範葛城神道山本義照餓鬼草紙十善法語梵学津梁三浦康広十八羅漢にては維摩会宗淵宣ぶ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊者の関連情報