コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントマリー岬 サントマリーみさきCap Sainte-Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サントマリー岬
サントマリーみさき
Cap Sainte-Marie

マダガスカル最南端の岬。モザンビーク海峡の最南端でもある。岬周辺の内陸部は農業地帯。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サントマリー‐みさき【サントマリー岬】

Cap Sainte Marie》マダガスカル最南端の岬。トラニャロの南西約110キロメートルに位置する。モザンビーク海峡の最南端でもある。内陸部も含め周辺一帯は自然保護区に指定され、絶滅危惧種のホウシャガメ(マダガスカルホシガメ)が生息。沖合にはザトウクジラマッコウクジラが来遊する。セントマリー岬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android