抹香鯨(読み)マッコウクジラ

デジタル大辞泉の解説

まっこう‐くじら〔マツカウくぢら〕【抹香鯨】

クジラ目マッコウクジラ科の哺乳類ハクジラでは最大で全長19メートルに達し、前頭部は巨大。全身黒いが、年をとるにつれて白っぽくなる。世界中の海を回遊。餌はイカと底生魚で、2000メートルの深海に潜ることができる。まれに大腸からとれる異物は、竜涎香(りゅうぜんこう)として珍重される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まっこうくじら【抹香鯨】

クジラの一種。ハクジラ類中最大で、雄は全長18メートルに達する。体は黒色。前頭部は巨大で、下顎あごに二〇~二五対の歯がある。世界中の比較的暖かい海にすみ、黒潮に乗って日本近海にも現れる。イカを主食とする。腸内より得られる竜涎香りゆうぜんこうは、香料の原料とされ、高価。腹部に白斑のあるものがあり、これが抹香の色に似ることからの称という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

抹香鯨 (マッコウクジラ)

学名:Physeter macrocephalus
動物。マッコウクジラ科のハクジラ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まっこう‐くじら マッカウくぢら【抹香鯨】

〘名〙 マッコウクジラ科の巨大な歯クジラ。雌で一三メートル、雄では最大一八メートルに達する。頭部が大きく、体長の四分の一~三分の一を占め、方形を呈する。体は暗石版色または黒色で、腹面と下あごおよび吻(ふん)端は白い。背びれはなく、背部後半に隆起が並ぶ。雌とその子どもから成る一〇~二〇頭の家族群を形成し、繁殖期には頭の巨大な雄が参加し、一夫多妻で繁殖する。食物はおもに深海に生息する魚類や大型のイカ類。世界の暖海に分布し、日本近海では黒潮内を往来する。皮下脂肪と頭部の脳油の採取のため捕獲されたが、現在は捕獲禁止。なお、古くから香料として珍重されてきた龍涎香(りゅうぜんこう)は大腸内にときどき形成されるワックス成分。まっこくじら。まっこう。《季・冬》 〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android