コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント教会堂 サントきょうかいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

サントきょうかいどう【サント教会堂】

イタリア半島の中部、ボローニャ(Bologna)の南東135km、サン-マリノにある教会堂。同国は、標高739mのティターノ山頂にある国土面積61km2、人口約3万人のミニ国家だが、現存する世界最古の共和国である。サント教会堂(サンマリノ教会)は、ギリシア神殿のようなファザードを持つネオクラシック調の建物で、ロマネスク様式の地区教会の基礎の上に、1826年から10年を要して建設されたものである。サンフランチェスコ門から徒歩7分ほどの場所にある。1586年に発見された聖マリアの聖遺物が収められた主祭壇や珍しい彫像や絵画がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

サント教会堂の関連キーワードイタリア半島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android