コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕎麦ほうる

デジタル大辞泉プラスの解説

蕎麦ほうる

京都府京都市、総本家河道屋が製造・販売する銘菓そば粉を用いた梅の花の形をした焼き菓子

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕎麦ほうる
そばほうる

京干菓子の一種で、元禄(げんろく)年間(1688~1704)そば屋を創業した河道(かわみち)屋の名代菓子。明治初年に同家13代の安兵衛が伊吹そばの粉で菓子をつくり、ポルトガル語のボーロboloからとって、「蕎麦ほうる」と名づけた。蕎麦ほうるは、そば粉に卵、砂糖を加えて水でこね、のしてから梅の花形に打ち抜く。皿板で焼く際、焦げないように真ん中をさらに丸く打ち抜いて、いずれも天火焼きする。ほころびた梅の花とつぼみに見立てた風雅さには香ばしく淡泊な風味が重ねてある。京都ではそば屋から菓子作りをしたものに、井筒屋重久の如心松葉、尾張(おわり)屋伝左衛門のそば板があり、ともに京名菓である。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蕎麦ほうるの関連キーワード京都府京都市南蛮菓子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蕎麦ほうるの関連情報