コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント・ジュヌビエーブ修道院 サントジュヌビエーブしゅうどういん Abbaye de Sainte‐Geneviève

1件 の用語解説(サント・ジュヌビエーブ修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サントジュヌビエーブしゅうどういん【サント・ジュヌビエーブ修道院 Abbaye de Sainte‐Geneviève】

パリのセーヌ川左岸,現在アンリ4世高等中学校(リセ)のある付近に6世紀に建てられた修道院。451年アッティラの率いるフン族の攻撃からパリを救ったことでパリの守護聖女とされたジュヌビエーブに奉献された。付近一帯はこの修道院名にちなんでいまも〈サントジュヌビエーブの丘〉と呼ばれている。一時衰微するが,11世紀に聖堂参事会の手で復興し,12世紀初頭からは学問の重要な中心となり,特にアベラールがここで教鞭をとってから多くの学生が集まるようになり,そのなかからソールズベリーヨハネスブレシアのアルノルドゥス,マイネリウスなど当代一流の知識人を輩出させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サント・ジュヌビエーブ修道院の関連キーワードシテ島セーヌ川ルーアンローヌ川カルチエラタンサンジェルマンデプレモンパルナス墓地リュクサンブール公園パリのセーヌ河岸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone