コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント・ジュヌビエーブ修道院 サントジュヌビエーブしゅうどういんAbbaye de Sainte‐Geneviève

1件 の用語解説(サント・ジュヌビエーブ修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サントジュヌビエーブしゅうどういん【サント・ジュヌビエーブ修道院 Abbaye de Sainte‐Geneviève】

パリのセーヌ川左岸,現在アンリ4世高等中学校(リセ)のある付近に6世紀に建てられた修道院。451年アッティラの率いるフン族の攻撃からパリを救ったことでパリの守護聖女とされたジュヌビエーブに奉献された。付近一帯はこの修道院名にちなんでいまも〈サントジュヌビエーブの丘〉と呼ばれている。一時衰微するが,11世紀に聖堂参事会の手で復興し,12世紀初頭からは学問の重要な中心となり,特にアベラールがここで教鞭をとってから多くの学生が集まるようになり,そのなかからソールズベリーヨハネスブレシアのアルノルドゥス,マイネリウスなど当代一流の知識人を輩出させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone