コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント・ジュヌビエーブ修道院 サントジュヌビエーブしゅうどういんAbbaye de Sainte‐Geneviève

世界大百科事典 第2版の解説

サントジュヌビエーブしゅうどういん【サント・ジュヌビエーブ修道院 Abbaye de Sainte‐Geneviève】

パリのセーヌ川左岸,現在アンリ4世高等中学校(リセ)のある付近に6世紀に建てられた修道院。451年アッティラの率いるフン族の攻撃からパリを救ったことでパリの守護聖女とされたジュヌビエーブに奉献された。付近一帯はこの修道院名にちなんでいまも〈サント・ジュヌビエーブの丘〉と呼ばれている。一時衰微するが,11世紀に聖堂参事会の手で復興し,12世紀初頭からは学問の重要な中心となり,特にアベラールがここで教鞭をとってから多くの学生が集まるようになり,そのなかからソールズベリーのヨハネス,ブレシアのアルノルドゥス,マイネリウスなど当代一流の知識人を輩出させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サント・ジュヌビエーブ修道院の関連キーワードサント・ジュヌビエーブパンテオンレゾン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android