コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンドミエシュ Sandomierz

世界大百科事典 第2版の解説

サンドミエシュ【Sandomierz】

ポーランド南東部,タルノブジェク県の小都市。キエルツェの南東80kmにあり,人口2万6800(1995)。ビスワ川上流左岸にあり,東西にシフィエントクシュスキエ山地とビスワ川ならびに支流のサン川をひかえる軍事上の要地。町はポーランド王国の初期にさかのぼる古い歴史をもつが,後に独立公国の主都となった。1286年に都市権を獲得し,14世紀のゴシックの大聖堂や城門,ルネサンス期の市庁舎など14~17世紀の歴史的建造物も多数ある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サンドミエシュの関連キーワードポーランド兄弟団

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android