サンネムーセ(読み)さんねむーせ(英語表記)Aksel Sandemose

日本大百科全書(ニッポニカ)「サンネムーセ」の解説

サンネムーセ
さんねむーせ
Aksel Sandemose
(1899―1965)

ノルウェーの小説家。デンマーク人の父とノルウェー人の母をもつ。デンマーク生まれだが、ノルウェーに移住した。人間の奥底に潜む、理性と相克する不条理な力(野蛮さ)の根源を追求した小説『陸に上がる水夫』(1931)で作家としてデビュー。そのほかに、近代人の動物的行動をフロイト流の心理学的手法で描写した『自分の足跡を横切る逃亡者』(1933)などがある。

[山口卓文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android