コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンピエール礼拝堂 サンピエールれいはいどう

1件 の用語解説(サンピエール礼拝堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンピエールれいはいどう【サンピエール礼拝堂】

フランス南東部、保養地・観光地として世界的に有名なプロバンス地方の都市ニース(Nice)にある、漁師の守護聖人・使徒ペテロ(フランス語風にはピエール)に捧げられた、ロマネスク様式の小さな礼拝堂。16世紀後半に建てられた、漁師のための教会といわれている。前衛的な作家、詩人、劇作家として知られるジャンコクトー(Jean Cocteau、1889~1963年)が1957年、戯曲『オルフェ』を執筆するためにニースに滞在していた際、漁網の置き場になっていた礼拝堂のファザードや内壁の装飾と壁画などの修復を引き受けたことで有名になった。礼拝堂のすぐ前に、コクトーが逗留していたホテルウェルカム(L'hotel Welcome)がある。◇ニースヴィル(Nice Ville)駅から電車で10分のヴィルフランシュ-シュル-メール(Villefranche-sur-Mer)駅が最寄り駅となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンピエール礼拝堂の関連キーワードイエールエクスレバンサンラファエルファルマスアヌシー湖アヤナパカダケスサナリーシュルメールプロムナードデザングレレランス諸島

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone