コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンフランチェスコ大聖堂 サンフランチェスコだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンフランチェスコだいせいどう【サンフランチェスコ大聖堂】

イタリア中部、古都ペルージャ近郊の町(コムーネ)のアッシジ(Assisi)市街北西の斜面に建っている聖堂カトリックのフランシスコ会創立者の「アッシジのフランチェスコ」(聖フランシスコ)は、1181年、あるいは1182年にこの町で生まれた。聖人に列せられた彼の業績を讃えるため、彼の死の2年後の1228年に、教皇グレゴリウス9世によって聖堂の建設が開始された。その後、この聖堂はカトリックの著名な巡礼地の一つとして、今日に至っている。建物は斜面を生かした上下2段になっていて、上段(上堂)はゴシック様式、下段(下堂)はロマネスク様式の聖堂になっている。聖堂内部には、チマブーエ、ジョット、シモーネ・マルティーニなど、中世を代表する画家の手によるフレスコ画が多数ある。上堂にある聖フランシスコの生涯28場面を描いたジョット(Giotto di Bondone, 1267頃~1337年)のフレスコ画や「玉座の聖母と4人の天使と聖フランチェスコ」が有名である。1997年9月の地震で大きな損傷を受けたが、ボランティアの手により、ほぼ原型に近いものに修復された。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android