コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・フィリベール聖堂[トゥールニュ] サン・フィリベールせいどうトゥールニュ Saint-Philibert, Tournus

1件 の用語解説(サン・フィリベール聖堂[トゥールニュ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・フィリベール聖堂[トゥールニュ]
サン・フィリベールせいどうトゥールニュ
Saint-Philibert, Tournus

フランス,ソーヌエロアール県の町トゥールニュにある元ベネディクト会修道院聖堂。 950年頃起工され 12世紀初頭に完成した,ブルゴーニュロマネスク建築の最も古い作例の一つ。内陣部地下のクリプト放射状祭室と周歩廊を最初に採用したロマネスク建築の一例で,元来の木骨天井は 1007年頃の火災のあと,ボールトに変えられたが,それは円柱によって支えられた横断アーチ上に直角に置かれた半円筒ボールトという特殊な構造をもつにいたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン・フィリベール聖堂[トゥールニュ]の関連キーワードアンジューポアトゥーロアール川ロシュトゥールソーミュール城バントゥー山ラトゥールトゥールニュトゥーレーヌ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone