コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーコート サーコート surcoat; surcot

2件 の用語解説(サーコートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーコート
サーコート
surcoat; surcot

おもに 13~14世紀にヨーロッパの男女が着用した,ワンピース形式のゆったりした上着で,コットの上に着たのでこの名がある。形や装飾には各種あって一定しないが,一般にコットとは対照的な色彩で,丈長で優雅なのが特徴である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サーコート(surcoat)

ジャンパーとショートコートの中間的なデザインのコートのこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサーコートの言及

【コート】より

…素材,形は時代や目的,性別,流行などによって異なる。
[歴史]
 外衣という点では,古代ギリシアでキトンの上からまとったヒマティオンや,古代ローマのパラpallaもその一種にあげられるが,今日のコートに当たるものが登場するのは,中世後期に男女の間でコットの上に用いられた,シュルコ(英語でサーコート)と呼ばれるゆったりした袖なしの外衣からであろう。16世紀には外衣の形は袖,衿など多様になり,丈も長短さまざまであった。…

【シュルコ】より

…英語ではサーコートsurcoat。中世後期にコットの上に着た外衣で,男女とも多くの形式がある。…

※「サーコート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サーコートの関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアミニヨーロッパヨーロッパ労連ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone