サーティー・アルフスリー(英語表記)Sāṭi‘ al Ḥusrī

20世紀西洋人名事典の解説

サーティー・アルフスリー
Sāṭi‘ al Ḥusrī


1880 - 1968
シリア,イラクの教育行政家,アラブ民族主義者。
オスマン帝国政府の官僚や教員を経て、第一次世界大戦後、アラブ連盟の要職を務める。世俗主義と個人の尊厳の主張で知られるアラブ民族主義者である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android