サービサイジング(読み)さーびさいじんぐ(英語表記)servicizing

知恵蔵「サービサイジング」の解説

サービサイジング

「これまで製品として販売していたものをサービス化して提供する」ことを意味する用語。「を売るのではなく、サービス(機能)を売るという経済システムへの転換を図る」サービサイジングは「脱物質化」につながる可能性があるため、環境負荷低減、そして持続可能な生産と消費に寄与しうる。同時にサービサイジングでは、環境効果だけでなくまずビジネスとして成立するという市場性が不可欠である。そうしたビジネスのうち、環境面で特に優れたパフォーマンスを示すものを、グリーン・サービサイジング・ビジネスと呼ぶこともある。また、純粋な営利目的のビジネスとしては成立しにくいが、環境負荷低減、地域活性化や地域再生などのローカル持続可能性の観点から評価することで、コミュニティー・ビジネスを含めることもある。ビジネスの成立要件の分析や公共的な支援策の検討も始まっているが、まだ成熟しているビジネスではない。事業者の創意工夫で新たなビジネスが生まれ、範囲が拡大していく可能性がある。

(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android