持続(読み)もてつづく

精選版 日本国語大辞典「持続」の解説

もて‐つづ・く【持続】

[1] 〘他カ四〙 物をって次々と続く。持って列になる。
讚岐典侍(1108頃)下「北の門より、長櫃に、ちはや著たる者ども、すはうのこき、うたるくはうこくの出しぎぬ入れてもてつつきたる」
[2] 〘他カ下二〙 (一)に同じ。
※源氏(1001‐14頃)澪標「いつくしき神宝をもてつづけたり」

じ‐ぞく ヂ‥【持続】

〙 保ちつづけること。ある状態が中断しないで続くこと。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「皇統の連綿を持続するが如きは易中の易のみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「持続」の解説

じ‐ぞく〔ヂ‐〕【持続】

[名](スル)ある状態がそのまま続くこと。また、保ち続けること。継続。「薬効が持続する」「諸外国との友好関係を持続する」「持続力」「持続性」
[類語]存続長続き続く引き続く打ち続く継続する連続永続続ける後続続行尾を引く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「持続」の解説

【持続】じぞく

つづける。

字通「持」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「持続」の解説

持続
じぞく

意識の直接所与についての試論」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の持続の言及

【ベルグソン】より

…真の実在とは何か。彼は,概念や言葉の空転を退けて内省に専念するとき,そこに意識の直接与件として現前する内的持続は,その疑いの余地なき明証性ゆえに,真実在,少なくともその一部とみなさるべきであるとする。そして,この内的持続への永い時間をかけた注意深い参入は意識にとって可能なのであるから,当時流行のカント・新カント哲学に抗して,実在認識は可能としなければならないと考えた。…

※「持続」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android