コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持続 ジゾク

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぞく〔ヂ‐〕【持続】

[名](スル)ある状態がそのまま続くこと。また、保ち続けること。継続。「薬効が持続する」「諸外国との友好関係を持続する」「持続力」「持続性」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぞく【持続】

( 名 ) スル
ある状態が保たれること。また、保つこと。中断することなくつづくこと。 「 -力」 「効果が-する」 「関係を-する」
〘哲〙 〔フランス durée〕 ベルクソンの用語。意識の直接の事実として、何ら反省の加えられぬ直接の時の流れ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持続
じぞく

意識の直接所与についての試論」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の持続の言及

【ベルグソン】より

…真の実在とは何か。彼は,概念や言葉の空転を退けて内省に専念するとき,そこに意識の直接与件として現前する内的持続は,その疑いの余地なき明証性ゆえに,真実在,少なくともその一部とみなさるべきであるとする。そして,この内的持続への永い時間をかけた注意深い参入は意識にとって可能なのであるから,当時流行のカント・新カント哲学に抗して,実在認識は可能としなければならないと考えた。…

※「持続」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

持続の関連キーワードAFP(アジア森林パートナーシップ)持続可能な発展のための世界経済人会議ハーバルソフター香り長持ちタイプストリートトニックシャンプークリーピングインフレーションサステナビリティ・レポートブロッホの法則(生理学)双曲線法則(=刺激量)グローバルシェアリングサステイナブルデザインシャルパンティエの法則クレマスチンフマル酸塩サステイナビリティーeco farmer残存色彩調和の法則持続可能な開発目標ユネスコエコパーク最大維持可能漁獲量国際人口開発会議持続可能最大収量

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持続の関連情報