サーマルスヌーパー(読み)thermal snooper

パラグライダー用語辞典の解説

サーマルスヌーパー

フライト中、周囲の温度変化を感知してサーマルの存在を知らせる計器のこと。温度変化があるとバリオメーターのように音で知らせる。大気中では同じ高さでも気温は必ずしも一定ではなく、特に山肌付近を飛行しているとエラーが多く使い物にならない。しかし、平野部(平地)での飛行では装備していると威力を発揮する事がある。最近、スヌーパー単品ではみかけなくなりフライトデッキとして内蔵されているものがある。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android