コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーランギー

2件 の用語解説(サーランギーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サーランギー

インド亜大陸のリュート擦弦楽器。なかでもヒンドゥスターニー音楽の声楽の伴奏や独奏用のサーランギーが代表的。長さ約60cmで,1本の木をくりぬいて作られ,全体がずんぐりとして長方形に近い。
→関連項目カヤール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サーランギー【sāraṅgī】

インドの擦弦楽器(イラスト)。インド起源の民俗楽器として古くから使われてきた。17世紀ころから古典音楽にも取り入れられるようになり,今日ではおもに声楽の伴奏楽器として重要な位置を占めている。長さは約60cmで,1本の木をくりぬいて作られる。弓奏楽器は一般的にはバイオリン三味線のように胴と棹の部分からなるが,サーランギーはこの二つが一体となり,全体がずんぐりとして長方形に近い形をしている。演奏弦は通常3本でガット弦を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サーランギーの関連キーワード弦楽器弦鳴楽器擦弦楽器サーランギターラレベックウインドウインドクラストウインドオーケストラボウイング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone