コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーランギー

2件 の用語解説(サーランギーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サーランギー

インド亜大陸のリュート擦弦楽器。なかでもヒンドゥスターニー音楽の声楽の伴奏や独奏用のサーランギーが代表的。長さ約60cmで,1本の木をくりぬいて作られ,全体がずんぐりとして長方形に近い。
→関連項目カヤール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーランギー【sāraṅgī】

インドの擦弦楽器(イラスト)。インド起源の民俗楽器として古くから使われてきた。17世紀ころから古典音楽にも取り入れられるようになり,今日ではおもに声楽の伴奏楽器として重要な位置を占めている。長さは約60cmで,1本の木をくりぬいて作られる。弓奏楽器は一般的にはバイオリン三味線のように胴と棹の部分からなるが,サーランギーはこの二つが一体となり,全体がずんぐりとして長方形に近い形をしている。演奏弦は通常3本でガット弦を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone