コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクロソウ科 ザクロソウか Molluginaceae

2件 の用語解説(ザクロソウ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザクロソウ科
ザクロソウか
Molluginaceae

双子葉植物ツルナ目の1科。広義のツルナ科に含めてザクロソウ亜科 Mollugidaeとすることもある。花被が深く5裂して,ときに5枚の花弁状となる点で,筒形の花被 (萼筒) をもつツルナ科 (狭義) と区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザクロソウ科
ざくろそうか
[学]Molluginaceae

双子葉植物、離弁花類。草または小低木。葉は輪生または対生する。葉は肉質のものもある。托葉(たくよう)はないものもある。花は小形で集散花序または束状につき、両性で放射相称。萼(がく)は4~5裂または全裂する。花弁は小形で、4~5枚あり、離生または基部が癒合する。雄しべは3~5本ないし多数。子房は普通離生し、3~5室。胚珠(はいしゅ)は細長く倒生または湾曲する。果実は(さくか)または液果状である。世界に14属95種あり、熱帯とくにアフリカに多い。ツルナ科と合一されることもある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザクロソウ科の関連キーワード双子葉植物ツルナ科赤花金の蔓蔓無隠元藤葛ツルナゴラ双子葉類草のつるぎ百羽のツル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザクロソウ科の関連情報