コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザリスキ Oscar Zariski

世界大百科事典 第2版の解説

ザリスキ【Oscar Zariski】

1899‐1986
白ロシアのコブリンで生まれた数学者。ローマ大学で数学を学んでいる間に故郷はポーランドに編入,1939年にはソ連に編入されている。1927年にアメリカに渡り,36年帰化,ジョンズ・ホプキンズ大学で45年までの間教鞭をとった。その後の大部分の期間はハーバード大学で過ごしている。69年には退職したが,退職後に研究のためハーバード大学へ通った期間も長い。研究の分野は代数幾何学であり,可換環論を利用した新しい理論構成を行い,代数曲面の理論に多様な成果をあげるとともに,一般次元の有理対応の理論を築き,与えられた三次元代数多様体と同一の有理関数体をもつような射影多様体で特異点をもたないものの存在を示したことなどで有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ザリスキの関連キーワードジョンズ・ホプキンズ大学グロタンディークマンフォード広中平祐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android