コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアンホッケン寺院 シアンホッケンジイン

1件 の用語解説(シアンホッケン寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シアンホッケン‐じいん〔‐ジヰン〕【シアンホッケン寺院】

Tian Hock Keng Temple》シンガポール、市街中心部にある同国最古の道教寺院。1842年に福建省出身の華人により建立。左右が反り上がった緑色の屋根をもち、航海の安全を守る神媽祖(まそ)を祭る。ティアンホッケン寺院。
[補説]「天福宮」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアンホッケン寺院の関連キーワードテム鉄木真透過型電子顕微鏡ホック順帝TEMシアン福建寺院チンギス・ハーン飛端腫 (capped hock)ホック・ブーツ (Hock Boots)