コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアンホッケン寺院 シアンホッケンジイン

デジタル大辞泉の解説

シアンホッケン‐じいん〔‐ジヰン〕【シアンホッケン寺院】

Tian Hock Keng Temple》シンガポール、市街中心部にある同国最古の道教寺院。1842年に福建省出身の華人により建立。左右が反り上がった緑色の屋根をもち、航海の安全を守る神媽祖(まそ)を祭る。ティアンホッケン寺院。
[補説]「天福宮」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シアンホッケン寺院の関連キーワードティアンホッケン寺院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android