コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェヘラザード

3件 の用語解説(シェヘラザードの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

シェヘラザード

ロシアの作曲家リムスキー・コルサコフの交響組曲(1888)。原題《Sheherazade》。名称は『アラビアンナイト』に登場する語り手の女性に由来する。

シェヘラザード

SFアニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズのひとつ「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場する宇宙戦艦。イスカンダル星の恒星間連絡航宙船。全長219メートル

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェヘラザード
しぇへらざーど
Шехеразада Sheherazada ロシア語
Schhrazadeフランス語

ロシアの作曲家リムスキー・コルサコフの交響組曲(作品35)。1888年ペテルブルグ初演。『千夜一夜物語』に基づいた4楽章構成で、通常、(1)海とシンドバッドの船、(2)カランダール王子の物語、(3)若き王子と王女、(4)バグダードの祭り―海―青銅の騎士のある岩にての難破―終曲、とよばれている。各楽章は二つの主題(残忍な王シャリアール、愛らしい王妃シェヘラザード)によって結び付けられ、終曲ではこの二つの主題が融合して作品に統一性と完結性をもたらしている。この作品が現代でも一般に広く親しまれている理由は、主として魅惑的なリズムと官能的な旋律にあると思われるが、それ以上に重要なことは、主題動機がたび重なる反復にもかかわらず、楽器編成を微妙に変化させることによってつねに新しく響いてくることであろう。この手法は後代の作曲家に大きな影響を与えた。なお、フランスの作曲家ラベルにも同名の管弦楽伴奏付き連作歌曲(1903)がある。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェヘラザードの関連キーワードリムスキー=コルサコフ金鶏リムスキーコルサコフ熊蜂の飛行熊蜂は飛ぶスペイン奇想曲禿山の一夜ローゼンブラット:リムスキー・コルサコフの主題によるファンタジー/2 pianos 4 handsリムスキー・コルサコフ《シェエラザード》(リムスキー・コルサコフ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェヘラザードの関連情報