コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェルデリュプ=エッベ Schjelderup-Ebbe, Thorleif

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェルデリュプ=エッベ
Schjelderup-Ebbe, Thorleif

ノルウェーの生態学者。動物集団における順位制概念を確立した。ニワトリの集団を対象に観察を行い,ある個体が別の個体をつつくことによって両者の間の優劣関係が決められること,このような方法によって集団の構成員の順位が決定されて集団に秩序が与えられることを明らかにした (1922) 。これは,動物社会の構造に関する研究のさきがけとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シェルデリュプ=エッベの関連キーワードノルウェー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android