コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェル型鋳造 シェルがたちゅうぞう shell-mold casting

1件 の用語解説(シェル型鋳造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェル型鋳造
シェルがたちゅうぞう
shell-mold casting

フェノール樹脂の熱硬化性・耐熱性・機械的強度の良好さを利用して,この樹脂を数%混練したケイ石の細粉を加熱成型して得られた薄い殻 (シェル) を鋳型とした鋳造法。鋳型の精度,鋳肌の平滑度が良いので,鋳造品を機械加工して後処理する必要がないが,鋳型の製作費が高いので精密部品の量産型鋳造に適する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェル型鋳造の関連キーワードアルキド樹脂エンジニアリングプラスチック尿素樹脂フェノール樹脂ベークライトアルキルフェノールデコラ熱硬化性アニリン樹脂熱硬化型アクリル樹脂塗料

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone