コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーキングテーブル シェーキングテーブルshaking table

1件 の用語解説(シェーキングテーブルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーキングテーブル
シェーキングテーブル
shaking table

比重選鉱機の一種。およそ 2m× 5m程度の盤で,図の下方がわずか低く傾いている。縦方向には多数の細い桟があり,全体は図の太い矢印のように揺動する。Aから通常 1mm以下の細粒鉱が供給され,Bから全面に水が流れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシェーキングテーブルの言及

【比重選別】より

…ベルト面に対する粒子の選択的な沈積と流れのかく乱を助けるため,ベルト面に細かな縞状の凹凸を施したものもある。 〈シェーキングテーブルshaking table〉は単に〈テーブル〉とも呼ばれ,膜状の水流と特殊な振動を巧みに利用した比重選別機で,1台当りの処理能力が小さいこと,運転管理に人手を要することなどの欠点もあるが,選別精度が高いのが特徴である。標準的なシェーキングテーブルは図1に示すように,矩形またはそれに近い形状のわずかに傾斜した平板と,それを左右に往復振動させるための駆動機構より成り立っている。…

※「シェーキングテーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone