コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シコルスキー・エアクラフト Sikorsky Aircraft Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シコルスキー・エアクラフト
Sikorsky Aircraft Corporation

アメリカ合衆国のユナイテッド・テクノロジーズの傘下にあるヘリコプタ・メーカー。ロシア革命を逃れてアメリカに亡命したイゴール・シコルスキーによって設立され,1920年代にはS-40,S-42,S-44など,クリッパー・シリーズと呼ばれる大型飛行艇の製作にあたったが,1930年代末頃からヘリコプタの開発に着手,1939年シコルスキー VS-300の実験に成功し,ヘリコプタの実用化と近代化に貢献した。第2次世界大戦中はアメリカ陸軍および海軍のR-4,R-5,R-6を生産,戦後は軍用および民間向けのS-51,S-52,朝鮮戦争で多用されたS-55,日本の海上保安庁が南極観測に使ったS-58,初のタービン機S-62,25人乗りの旅客輸送を目指したS-61,クレーン・ヘリコプタS-64,超大型軍用輸送機S-65(CH-53),要人乗用機S-76,最新の大型機S-92など,次々と新しいヘリコプタを世に送り出している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android