コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シコルスキー シコルスキーSikorsky, Igor Ivan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シコルスキー
Sikorsky, Igor Ivan

[生]1889.5.25. キエフ
[没]1972.10.26. コネティカット,イーストン
ロシア生まれのアメリカ合衆国の航空技術者,ヘリコプタ開発者。ペテルブルグ海軍兵学校を卒業し軍人となったが,1906年除隊。パリで工学を学んだのちキエフ工科大学入学。卒業後ヨーロッパを旅行し,ライト兄弟の業績に接して,ヘリコプタの着想を得た。第1次世界大戦末までロシアでヘリコプタや飛行機の設計製作に従事。ロシア革命後の 1919年アメリカに渡り,旅客輸送を主目的とする超大型飛行艇の製作を始めた。そのなかには,数々の世界記録をつくったクリッパー・シリーズ (S-40,42,44など) がある。 1930年代末頃からは,若いときに手がけたヘリコプタの開発に戻り,1939年の VS-300を皮切りに,ヘリコプタの実用化に力を尽くした。今日のヘリコプタに使用されている基本的な機構はほとんど 1931年に得た特許と初期の開発研究に含まれている。第2次世界大戦後も,次々と新しいヘリコプタを世に送り,実用航空機としての地歩を確立するのに大きく貢献した。ロシアの聖ウラジーミル十字勲章など,多くの栄誉を受けている。 2001年には「ヘリコプタの殿堂」入りをした。 (→シコルスキー VS-300 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シコルスキー

米国の航空技術者。ロシア生れ。1913年世界最初の4発飛行機を製作,のち米国に移住,帰化。航空機製作会社を設立,大型飛行艇の製作で名をあげた。第2次大戦中,実用的なヘリコプターVS300を完成,ヘリコプター発展の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

シコルスキー【Igor Ivanovich Sikorsky】

1889~1972) ロシア生まれのアメリカの航空工学者。飛行機や飛行艇の開発に従事したほか、ヘリコプターの設計にかかり、現在のヘリコプターの形式を完成。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シコルスキー
しこるすきー
Igor Sikorsky
(1889―1972)

アメリカの航空技術者、発明家。ロシアのキエフに生まれる。帝政ロシア時代の1913年に世界最初の四発大型機を設計製作した。革命後の1919年にアメリカに移住し、シコルスキー航空技術社(のちにユナイテッド航空機会社、さらにユナイテッド・テクノロジー社に吸収)をおこし、飛行機や飛行艇の製作に従事した。
 1939年からヘリコプターの設計にかかり、1941年から1942年にかけて現在のヘリコプターの形式を完成した。これによりレオナルド・ダ・ビンチのスケッチに始まるヘリコプターは実用航空機として実現した。その垂直に離着陸し空中に停止することも可能な特性を生かして、輸送、救難、戦時の前線支援などに使われるようになった。なお、世界で最初のヘリコプターは、1936年のドイツのフォッケ・アッハリゲス機である。[佐貫亦男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シコルスキーの関連キーワードユナイテッド・テクノロジーズシコルスキー・エアクラフトI.イワン シコルスキーシコルスキーVSアグスタウェストランドインディペンデンスミコワイチク5月25日佐貫亦男

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シコルスキーの関連情報