コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極観測(読み)なんきょくかんそく

百科事典マイペディアの解説

南極観測【なんきょくかんそく】

国際地球観測年(1957年―1958年)の一環として始められた南極地域の国際共同観測。参加国および担当の観測基地の数は米7,英8,仏3,旧ソ連4,日本1,アルゼンチン6,オーストラリア4,ベルギー・オランダ1,チリ4,ニュージーランド2,南ア共和国1。日本では1955年に政府が文部省内に設けた南極地域観測統合推進本部を主体とし,観測隊の派遣は1次(1956年―1958年)〜6次(1961年―1962年)まで南極観測船宗谷を輸送手段として続けられ,1957年1月以降昭和基地を維持。いったん中断の後新鋭砕氷艦〈ふじ〉の完成とともに7次(1965年―1966年)から再開継続されている。1960年―1961年やまと山脈を発見,調査,1968年―1969年南極点往復調査旅行,1969年〈やまと隕石〉を発見,収集,1970年第1回観測ロケット打上げ,同年7月昭和基地南東約270kmの大陸氷床上にみずほ基地を建設,1983年〈ふじ〉に代わる新観測船〈しらせ〉が就航。1999年現在の越冬基地は18ヵ国の34。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の南極観測の言及

【南極】より

…以後,57‐58年の国際地球観測年までの間,各国の越冬,調査が行われた。
[南極観測]
 1952年に国際学術連合会議は57‐58年の国際地球観測年(IGY)ではとくに南極地域の観測に重点を置くことを決め,55‐56年,アメリカ隊のバードの下での冷凍作戦をはじめとし,オーストラリア,アルゼンチン,チリ,イギリス,ソ連,フランス,ニュージーランドなどが基地を設け,活発な準備に入った。この時期にイギリスの南極大陸横断隊のフックスVivian Ernest Fuchs(1908‐ )隊長以下は57年10月に前進基地シャックルトンを出発し,アメリカの設けたアムンゼン・スコット南極点基地に58年1月20日到着,さらにロス島のニュージーランドのスコット基地に3月2日に到着し,南極大陸横断に成功した。…

※「南極観測」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南極観測の関連情報