コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シサス

百科事典マイペディアの解説

シサス

主としてアフリカから東南アジアに原産するブドウ科の一属で,約300種があり,つる性または多肉性の種からなる。そのうちセイシカズラはジャワ原産のつる植物で,観葉植物として温室で最も多く栽培され,吊鉢(つりばち)に向く。葉は長さ15cm,幅8cmほどの長い心臓形で,緑地に銀灰色や紫色の斑紋があり,裏面は紅紫色。冬季10℃以下にすると落葉,休眠する。近年,栽培が多いのは中南米原産のつる植物シサス・ロンビフォリアの園芸品種エレン・ダニカ。葉は3出複葉で光沢があり,小葉には深い切れ込みがある。セイシカズラに比べ,耐陰・耐寒性にすぐれている。繁殖は挿木による。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

シサスの関連キーワードジョーゼフ コンラッドコンラッド

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android