コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシガシラ科 シシガシラかBlechnaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシガシラ科
シシガシラか
Blechnaceae

シダ植物シダ目の1科。約 10属 250種ほどを含む。世界中の熱帯,亜熱帯を中心に広く分布するが,特に南半球に多い。地上生。根茎匍匐,斜上または直立し,鱗片がある。中心柱は網状中心柱。葉は羽状単生または複生。小脈は癒合して二次的な網目をつくる。胞子嚢は二次網脈上につく。包膜は中肋側が開くが,まれに包膜がないものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シシガシラ科の関連キーワードヒリュウシダ(飛流羊歯)コモチシダ(子持ち羊歯)シシガシラ(獅子頭)深山獅子頭這子持羊歯コモチシダシシガシラ木生シダ子持羊歯浄簾羊歯飛流羊歯飛竜羊歯獅子頭筬羊歯百足草藪蘇鉄鰯骨筬葉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android