コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シックスシグマ しっくすしぐま

1件 の用語解説(シックスシグマの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シックスシグマ

もともとは統計用語で100万回に3.4回起こる確率のこと。これを企業の生産工程に応用し、不良品の発生率を100万個につき3.4個未満に抑えようとする品質管理手法のこと。1980年代に米モトローラ社が開発し、生産精度の向上を実現したことから注目されるようになった。95年からは米ゼネラルエレクトリック(GE)グループも全社的に導入し、大きな成果を上げている。日本ではソニー住友スリーエムなどが導入している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シックスシグマの関連キーワード借用語俳諧もとな元へ本弭関西空港2期島増山元三郎本筈

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シックスシグマの関連情報