シニア・アントレプレナー(読み)シニア アントレプレナー

人事労務用語辞典の解説

シニア・アントレプレナー

「シニア・アントレプレナー」とは、60歳前後のシニア世代になって会社を興したり、NPO・NGOなどを立ち上げたりする起業家(アントレプレナー)のことです。企業人として長く勤めた会社員が、定年を契機に「豊富な経験を活かして社会貢献がしたい」と踏み切るケースが増えています。労働人口が減少に転じるなか、シニア世代による起業を支援する取り組みも官・民それぞれに広がっています。
(2013/3/25掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android