コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シヌヘの物語 シヌヘのものがたり Tale of Sinuhe

1件 の用語解説(シヌヘの物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シヌヘの物語
シヌヘのものがたり
Tale of Sinuhe

古代エジプト文学の代表作の一つ。数個のパピルスおよび白亜片により伝えられている。物語は前 200年頃に実在したとされるシヌヘという高官の自叙伝の形式をとっている。王の死とともにシヌヘは宮廷を抜け出し,ナイル川を渡り,ケデムの地 (エジプト) からレテヌの地 (シリア) へ移り,太守の姫を妻として子供もできた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シヌヘの物語の関連キーワードエジプト美術コプト語ルクソールエジプト鼠エジプト文明エジプト綿エジプト文字古代エジプト語エジプト風古代エジプト美術館

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone